ローンは賢く~滞納知らずでスイスイマイホーム購入~

MENU

  • 支払えない場合

    ローンなどの支払いで不安なのが、払えなくなる滞納です。滞納が続いた場合は、購入した住宅を手放す必要も出てきます。滞納を防ぐためには、住宅ローンの借り換えを利用すると安心出来るでしょう。

  • 違う部分を知る

    銀行と消費者金融にあるキャッシングサービスは、内容を把握しておくことで便利に利用できます。しかし、銀行と消費者金融のサービスはそれぞれ特徴もありますし、違いもありますので知っておきましょう。

  • 選ぶ時に見るところ

    お金を借りることは、誰でも抵抗はあります。ですが、それでもお金が必要だという時はキャッシングサービスやカードローンを利用してみてはどうでしょうか?これらのサービスは、計画的に利用すると便利です。

購入する際の注意点

住宅ローンを滞納している方はこちらで最善策を把握しておきましょう。トラブルが大きくなる前に解決できるかもしれませんよ。

まずはローン借入額を決める

マイホームを購入することは働く人にとって目標の1つですが、不動産は非常に高額な買い物なのでいろいろと計画が必要です。まず大半の人が住宅ローンを利用してマイホームを購入しますが借り入れ可能額を決めます。よくモデルルームを見に行って購入したい物件を決めてからローンを組む人がいますが、これは大きな間違いです。将来のライフプランを立てて今現在の収入から毎月の返済可能額と返済可能期間を計画する必要があり、これによって購入可能額つまり住宅ローン借り入れ可能額が決まります。こうするとよほどのことがない限りは将来生活が苦しくなるということはありません。この時残業代やボーナスは臨時収入として考えておくと良いです。また、滞納することがないように工夫することも大切です。

住宅ローン商品の選び方について

借り入れ可能額を算出し、購入物件が決まると住宅ローンを組んで購入となります。住宅ローンは大きく分けて固定金利型と変動金利型の2種類があります。固定金利型は完済までずっと金利が変わらない商品なので将来のライフプランを立てやすいメリットがあります。これに対して変動金利型は将来金利が上昇する可能性があります。今は金利が非常に低いため変動金利型の商品を選択することが賢明と言えます。将来金利が上昇することがあってもその時にローン商品を借り換えするという選択肢もあります。またローンは返済期間を短くするとその分支払利子を抑えることができるため得策です。繰り上げ返済することも支払利子を抑える方法となっています。